ようこそお越しいただきました♪当サイトは、経理や事務を簡単にする方法をご紹介いたします。また、ネット企業戦略やアフィリエイト、情報起業などについても、随時ご紹介していきます。資金繰りに最適なのは、やはり、ネットで事業をはじめることです。資金的なリスクを管理しながら、きっちりお金儲けをつづけましょう。それでは、ごゆっくりお調べくださいませ。

給与計算のルーチン化

給料計算。

能力主義ってわけでもないのに、なぜか毎月バタバタしてる。


今日も、そんなバタバタの一日でした。


毎月、おんなじことをお願いしてるんですが、なかなか思うようにならないみたい。

お願いしてることっていっても、
給料計算の時期には、タイムカードと交通費の精算書をまとめてだしてくださいね、
ってくらい。


それでも、なかなか集まらない。
いつも、「だれそれ君のがない〜!」

みたいなことになっちゃう。


ん〜、意思の疎通が悪いのか、
たんに、みなさんの意識が薄いだけなのか。

20日をすぎれば、給料の計算がはじまるって、みんな知ってるはずなんだけど。



もうひとつ作業を止めるものがある。


それは、評価。


こういうのってね、みんなの生活がかかってるから、全部が全部、機械的にってわけにもいかない。

でも、その作業自体は、機械的なものなんだ。


その機械的な中に、どれだけみんなの努力を反映するかが大事なんだね。


評価の対象が、毎月変わってたんでは、どうがんばっていいのかもよくわからない。
やっぱり、継続して一本の線上で評価してあげないと、評価されるほうも困っちゃう。


わたしが評価してるわけでもないし、“人事”って部分は、あんまり詳しくもないんで、えらそうなことは言えない。

毎月、ひとりひとりを丁寧に評価するってことも大切なのかもしれない。


でもね。
“給与計算”っていう事務ごととなると、やっぱり“柔軟なルーチンワーク”って意識も大切なんじゃないかな。


そもそも、その評価にしたって、なにも給料計算をはじめてからすることないじゃないか!


と文句を言いつつ、今月も無事、計算したのでした。


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。