ようこそお越しいただきました♪当サイトは、経理や事務を簡単にする方法をご紹介いたします。また、ネット企業戦略やアフィリエイト、情報起業などについても、随時ご紹介していきます。資金繰りに最適なのは、やはり、ネットで事業をはじめることです。資金的なリスクを管理しながら、きっちりお金儲けをつづけましょう。それでは、ごゆっくりお調べくださいませ。

得意先の名前

会計ソフトを使っていて、こんなことってないですか?


得意先の登録名が、

“株式会社ABC”と“ABC”。

ひゃ〜、なまえがダブってる〜!?って。


これも整理の一環だよね。


会計をやっていて、得意先の名前って、けっこうややこしかったりする。



“ヤマト運輸○○営業所”っていう得意先が登録されてるかと思うと、そのすぐ上には、“ヤマト運輸”っていう名前も登録されてる。

この伝票は、いったいどっちのヤマト運輸なんだ?


なんてことになったりする。



会計上は、おおきく枠を取っていたらいいと思う。

正解は、“ヤマト運輸”の方。


○○営業所まで書きだしたら、大変だよ。

コーナン○○店とか、ローソン○○店とか。

ちょっと出先で買った、二度と行かないだろうお店まで登録しなくちゃならなくなる。


そんなバカな!だよね。

そんなのは、本店というか、会社名でひとつ登録しておけば十分。

どうしても、お店の名前が知りたい場合は、領収書をみればいいんだ。



難しいのが、お客さんの登録の場合。

いまは、会計ソフトも進んできて、ちょっとした売掛金の管理は、会計ソフトでいっしょにできちゃう。

逆に、そこが落とし穴。


あんまり細かくしすぎちゃうと、わけがわからなくなってきちゃう。


たとえば、

商品を納めるのは、各営業所。
代金の精算は、本社の会計で一括で、って場合。


ヤマト運輸さんが、そういう会計かはわからないけど、仮にそうだったとしよう。

商品を納めたのは、尼崎営業所2万円分と、西宮営業所3万円分。

入金の名義は、ヤマト運輸。入金額は、5万円。


これをそのまま仕訳伝票にしちゃうと、各営業所の売掛金は残ったまま。
ヤマト運輸の売掛金は、マイナス5万円。

ってことになっちゃう。


実は、こんな場合も会計ソフト上は、細かくわけないほうがいい。

ヤマト運輸、っていう名前がひとつあればいい。

なぜかっていうと、“ヤマト運輸”っていうのが、お金の入口だから。


“ヤマト運輸”っていう口座には、売掛金がいくら残ってるかがわかればいい。


売掛金台帳みたいなもので、その明細がわかるようにしておけばいいんだ。



会計ソフトって、確かに便利だけど、なんでもできると思っちゃいけない。

ようするに、なにが一番やりたいのか、ってところが大切なんだね♪



最後になりましたが、

ヤマト運輸様、勝手にお名前をつかって申し訳ありません。

ここにでてきたヤマト運輸様の話は、すべて例えです。

実際に、ヤマト運輸様で、このような処理をしているのかはわかりません。

ご了承ください。


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。