ようこそお越しいただきました♪当サイトは、経理や事務を簡単にする方法をご紹介いたします。また、ネット企業戦略やアフィリエイト、情報起業などについても、随時ご紹介していきます。資金繰りに最適なのは、やはり、ネットで事業をはじめることです。資金的なリスクを管理しながら、きっちりお金儲けをつづけましょう。それでは、ごゆっくりお調べくださいませ。

書類をまとめよう

お客さんのところで、新しい動き。

書類のひな型をまとめよう、ってことになったんです。

せっせと、ひな型案を作成しておりました。


どちらかというと、事務に熱心な会社ほど、このわなにはまりやすい。


しっかりやろうと思えば、思うほど、事務がこまかく、ややこしくなってしまうんです。

やればやるほど、泥沼にはまってしまう!


書類のひな型もそのひとつ。

会社の活動の場面ごとに書類をつくっていたんでは、ひな型がいくつあっても、足りません。
書類にばかり気がいって、他のことが集中できなくなる。

だからといって、普段繰り返すものを、ひな型をつくらないってのもどうも違う。



書類の種類は増やさずに、すべての定期的な活動を網羅する書類がほしい。



そこで、似たような書類をひとつにくっつけちゃうわけです。


今日やったのは、仮払金の精算書と立替金の精算書をくっつける作業。

なぜこのふたつをあわせるのかっていうと、似てるから。


どちらも、領収書なりを貼り付けて、提出してもらう。

違いは、先にお金を渡しているか、あとで渡すか。
大きくは、これだけ。


だから、
立替金の精算書を、ちょっと加工して、仮払金兼立替金精算書にしちゃいました。

これで書類の数が、ひとつ減った。

とりあえず、経費精算のときは、この書類をつかえばいい。


提出のタイミングとか、細かいルールは、あとで決めればいい。

そのほうが、つかう側が、迷わなくてすむでしょ♪


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。