ようこそお越しいただきました♪当サイトは、経理や事務を簡単にする方法をご紹介いたします。また、ネット企業戦略やアフィリエイト、情報起業などについても、随時ご紹介していきます。資金繰りに最適なのは、やはり、ネットで事業をはじめることです。資金的なリスクを管理しながら、きっちりお金儲けをつづけましょう。それでは、ごゆっくりお調べくださいませ。

伝票入力に時間を割くな

久しぶりに、伝票入力に没頭した一日でした。

事務改善の打ち合わせが、細かい領域にはいってきた。
その分、あまり伝票入力に時間がつかえずにいました。

でも、大丈夫。
改善の余地は、まだまだたくさんあるものの、入力の予定が組めるほどに、事務が定期的に流れはじめているからです。


伝票入力にどれくらい時間をかけてます?

会社の規模とか、事務員さんの手の早さとかで、実際にかかる時間は違ってくると思います。
でも、これでは事務員さんの能力任せになってしまいます。

やっぱり、会社としては、だれがやっても同じくらいの時間でできるようになってほしいもの。
「だれがやっても」という条件なら、事務をどこまで機械的にできるか、にかかってきます。

事務員さんの能力や努力、勉強ということよりも、会社の事務の見直しが肝心になります。


今日おうかがいした会社では、一応これができてきている。
もちろん、まだまだ見直す点は、た〜くさんあります。

わたしが機械的に伝票入力できないということは、他の人も機械的にはできないということだからです。

会計ソフトの「仕訳辞書」という機能をつかって、一般的な仕訳はひな型をつくっています。
それでも、仕訳で止まってしまうことがまだまだあります。
取引の内容がわからないこともあります。

このあたりが、伝票入力作業の今後みなおす点です。


ただ、ひと通りの流れみたいなものは、できつつあります。
予定は、11月5日までに10月分の試算表を仕上げること。

今日までで、だいたい1,500仕訳くらいつくったから、あと500〜600仕訳くらい。
去年の今頃でしたら、とうてい無理。
なんせ、翌月の半ばすぎまで資料がこない、って状態でしたから。


今ならわけなくできる。
できるだろう。
できたらいいなぁ〜。


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。