ようこそお越しいただきました♪当サイトは、経理や事務を簡単にする方法をご紹介いたします。また、ネット企業戦略やアフィリエイト、情報起業などについても、随時ご紹介していきます。資金繰りに最適なのは、やはり、ネットで事業をはじめることです。資金的なリスクを管理しながら、きっちりお金儲けをつづけましょう。それでは、ごゆっくりお調べくださいませ。

カンタン計画作成法

来年の目標はこれでいこう!

さて、問題はそこまでのつみあげをどう考えるか、です。
事業によっても違うとはいえ、売上にはかならずあるのが、季節変動。

この季節変動を、毎月の目標にどう織り込んでいくかです。


年間をとおしての計画ができたとします。

この計画を実現するために、毎月の目標をクリアしていくんですが、
ここに”季節変動”という難敵が存在します。

季節変動っていうのは、
1年のうちで、2月と8月の売上が高いとか、
夏休みと年末に売上が高くなるとかのことです。

会社は基本的に、決算を基準に考えます。
4月〜翌年3月というような区切りです。
でも、お客さんは普通に生活している人間ですから、
”四季”とか”暦年”で行動します。

会社の区切りとお客さんの区切りは基準が違うわけですね。


季節変動を計画に入れようと思ったら、
去年の12月が1000万円だったから、その20%アップの1200万円を目標にしよう。
というようなことを12ヶ月分することになります。

わかりやすい方法だと思います。

が、問題があります。
この方法だと、どうしても月の区切りで考えてしまいます。
決算書の性質上、どうしても決算月で、いったん帳簿をしめてしまうんです。

あたらしい年度の開始の時は、また一から売上を積み上げていくことになります。


この問題を解決する簡単な方法があります。

季節変動も考慮して、常に年間で目標をたてる方法があります。
前12ヶ月分の売上をたしちゃうんです。
決算月も無視です。
常に12ヶ月分の売上を見る方法です。

株を勉強されたことのある方は、”移動平均法”というものをご存知かと思います。
26週とか13週の平均株価をグラフにしていく方法です。
その株があがるのか、さがるのか、その傾向を見るグラフです。


ただ、計画をたてるのに使う場合は、平均しません。
平均してしまうと、季節変動を考慮した意味がなくなるからです。
平均って、でっぱりやへこみをならす計算ですからね。

たんに、12ヶ月分の売上をたすだけです。
4月〜3月まで、5月〜4月まで、6月〜5月まで、って感じです。

毎月、その月までの年間売り上げの実績が把握できるわけですから、
目標が立てやすいと思います。


ちょっとわかりずらいご説明かと思いますが、
実際に一度やってみてください。

「おぉ〜!!」
ってことになるかもしれませんよ。


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。