ようこそお越しいただきました♪当サイトは、経理や事務を簡単にする方法をご紹介いたします。また、ネット企業戦略やアフィリエイト、情報起業などについても、随時ご紹介していきます。資金繰りに最適なのは、やはり、ネットで事業をはじめることです。資金的なリスクを管理しながら、きっちりお金儲けをつづけましょう。それでは、ごゆっくりお調べくださいませ。

部署とはワークシェアリング

「経理の仕事って何ですか?」

ん?どっかで聞いたことのあるフレーズ。
と思ったら、昨日書いたブログと同じだった。

昨日の今日で、同じことを聞かれるとは・・・。


昨日、経理の仕事って、ようするに会社のお金の管理なんですよ。
っていう内容の記事を書きました。

同じことを書いても仕方がないので、
もうひとつ手前のことについて。


そもそも、部署って、なんで分けるんでしょうか。
「この仕事やっといて」
でいいじゃないですか。

経理という名前の部署で、お客さん開拓の仕事をしないのはなぜなんでしょう。


わたしは、会社を、一つの生命体だと考えています。

人間を想像してみてください(法人、っていうくらいですから)。
頭があります。手があって、足があります。もちろん、胴体もあります。


会社もこれと同じ。
一つの生命体なんです。

わたしは1人で会社をしていますが、そこには部署なんてモノはありません。
わたしの動きすべてが、会社の動きです。

もし社員が1人いたらどうでしょう。会社がすることは1人の時と同じとして、です。
わたしがひとりでやっている時と、社員と二人でやっている時。
会社の動きが違っていたらおかしいですね。

でも、実際違ってくることもけっこうあるんです。
「それは営業の仕事でしょ?」
「いやいや、経理の仕事やで」
なんてこともよく聞きます。

人間でいえば、いつのまにか手が一本なくなってた、みたいなもんです。
一つの会社、つまり1人の人間であることに変わりはないのに・・・。


なんでこんなことになるのかというと、最初に言葉ありき、だからです。
実際の仕事を振り分けるところを、
営業部とか経理部といった「器」を先に作ってしまうからです。

営業の仕事はここまで!
というような決まりごとはありません。
だから、それぞれのイメージで枠を決めてしまう。
勝手に枠を決めるから、仕事に抜け穴ができてしまう。

その結果、
「なんで一人でできていた仕事が、人数が増えるとできなくなるんだ?」
ってことになっちゃうんです。


今からでも遅くはありません。
器に人を配属するのなら、その前にその器がどれとどれを仕事とするのか、
しっかり定義しておきましょう。


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。