ようこそお越しいただきました♪当サイトは、経理や事務を簡単にする方法をご紹介いたします。また、ネット企業戦略やアフィリエイト、情報起業などについても、随時ご紹介していきます。資金繰りに最適なのは、やはり、ネットで事業をはじめることです。資金的なリスクを管理しながら、きっちりお金儲けをつづけましょう。それでは、ごゆっくりお調べくださいませ。

経営計画は、資金計画から始めよ

経営計画、
あなたはどこまで計画するでしょうか。

売上計画、利益計画、そしてコスト削減策。

もうひとつ、つっこんで資金計画までいってみませんか?


計画を組むとき、あなたは何から始めるでしょうか。

売上の目標をたて、利益の計画をたてる。
そのためには、どんな活動が必要か。
この活動は、つまりは費用。費用の計画です。


さて、先日参加した会議で、ちょっと気になる点が・・・。
今日は、その点について、経理の方と改めて確認してきました。

気になった点は、先日の会議で資金、要するにお金に関する意見が出ていなかったこと。
売上や利益を、そのままお金として考えている節があったことです。


経営計画といえば、売上目標からはじめるのは、いわば王道。
間違っているとは思いませんし、文句を言うつもりも全くありません。

ただ、その前にも後にも、必ず「資金、お金」というものが絡んできます。

売上目標を達成するためには、何かこれまでの活動にプラスした活動が必要になってきます。
ということは、これまでにプラスしてお金の支払いが発生するということ。
会社は、お金を増やすために、お金を支払ってるわけですから、これは必然。

ここに制約がうまれるわけです。
今の資金でどこまで耐えられるのか、という制約です。


仮に、借入れをおこしてでも活動に踏み切る場合、今度は、将来の資金繰りに影響を及ぼします。
返済による資金繰りの悪化です。

どれだけ利益を上げて、その結果入金が増えたとしても、返済がそれ以上の金額では、最終的に資金は減っていくわけです。
利益は目標に達成しているのに、資金はどんどん悪化している、という状況です。


利益をそのまま「資金増」と考えてしまうと、大変なことになります。

本来、会社は資金の増減に命がかかっています。
けっして、売上や利益ではありません。

赤字でも会社が続くこともあれば、黒字でも資金が尽きれば、会社はつぶれるんです。


と、こんなような話を、2、3時間ほどお話させていただきました。
もう、ヘトヘトです。

あなたも、経営計画をたてるときは、
その裏には、常に「現実の」「具体的な」資金の存在から目を離さないでください。
資金こそ、会社の命です。


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。