ようこそお越しいただきました♪当サイトは、経理や事務を簡単にする方法をご紹介いたします。また、ネット企業戦略やアフィリエイト、情報起業などについても、随時ご紹介していきます。資金繰りに最適なのは、やはり、ネットで事業をはじめることです。資金的なリスクを管理しながら、きっちりお金儲けをつづけましょう。それでは、ごゆっくりお調べくださいませ。

資金繰りに売上予測は必要なし!

資金繰りをするとき、売上を基準に予測しても仕方がありません。

必要なのは、入金予測
今、どれだけのお金がはいってくるか、を知らなければならないんです。


売上予測入金予測
似ているようで、その意味合いは、全く異なります。


売上っていうのは、約束
商品を渡したり、サービスをする代わりに、その代金をいただく
という約束です。

売上予測は、その約束がどれくらいあるだろうか、という予測です。
これに対して、入金予測というのは、どれくらいのお金が入ってくるか、という予測です。


なにが違うのか。
それは、お金になるまでの時間です。

売上というのは約束の段階なので、入金はその次の段階。

その場でお金をいただく、現金売上というものもありますが、
それは、約束の段階と入金の段階の時間差が、極端に少ない場合です。

基本的に約束をしてから入金があるという順番は変わりません。


では、売上予測と入金予測のどちらが、より確実でしょうか。


もちろん、入金の予測ですね。

売上の予測から、一段階、現金に近づいた段階ですから、すでに約束が終わっているものが多い。

『多い』というのは、現金売上の可能性があるからです。
現金売上の場合、約束の段階での予測になりますので、確実性は低くなります。


資金繰りに必要なのは、今いくら入ってくるか、です。
だから、売上予測の前に、入金予測が必要なんです。


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。