ようこそお越しいただきました♪当サイトは、経理や事務を簡単にする方法をご紹介いたします。また、ネット企業戦略やアフィリエイト、情報起業などについても、随時ご紹介していきます。資金繰りに最適なのは、やはり、ネットで事業をはじめることです。資金的なリスクを管理しながら、きっちりお金儲けをつづけましょう。それでは、ごゆっくりお調べくださいませ。

会社は複雑だと損?

会社が大きくなれば、

人も増え、設備も増え、お客さんも、入金のパターンも、預金口座も
いろんなものが増えてきます。

ある程度までは効率がいい。

でも、気付いてみたら
どうしようもなく効率が悪くなってた・・・。

こんなことってありません?


会社ってところは、いろんなものを管理しています。

現金や預金、売掛金、パソコンなどの設備。
買掛金や借入金、従業員の所得税や健康保険。

売上の金額や経費。

目に見えるものから、見えないものまで
それはそれは、いろんなものです。

しかし、多くの場合、管理が増えることに気付かずに、モノを増やしている。


経理でうかがっている会社でも、
このような傾向が多いんです。

使ってもいない口座の通帳が、解約することなくおいてある。
たとえ、残高7円、とかでも、そこには『管理』の仕事があります。

金額的にたいしたことではないので、置いてあるんでしょうが、
その金額より、『口座がある』ってことのほうが重要なんですよ。


大きくなればなるほど、
それにあわせて、管理するモノが増えていきます。

そして、モノが増えるのに会社がついていけなくなるんです。


口座が一つ増えれば、管理する対象が一つ増える。
借入金が一つ増えれば、これも管理対象が一つ増える。

営業が新しいパターンで契約してくれば、
そのパターンに対して、新しい管理法が必要になるかもしれない。


売上を増やすことも大切。
そのために、顧客に満足してもらえる販売方法を取り入れるのも大切。

が、

その前提として、
それぞれの持ち場での管理対象がわかっていなければ、
会社が大きくなるほどに、効率が悪くなる。


これまで以上に活動しているのに、

それほど、利益に影響してこない。
資金にいたっては減ってる。
クレームが増えた。
仕事がバタバタして、落ち着きがなくなった。

なんてことになってしまう。


モノや活動を増やすのはかまわない。
でも、効率が悪いなら増やすべきではない。
まして、後先考えず、無計画で増やすのはダメ!


なにかを増やすとき、
だれが、どのような管理をする必要があるのか、
しっかりシステム化してから増やすようにしましょうね。


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。