ようこそお越しいただきました♪当サイトは、経理や事務を簡単にする方法をご紹介いたします。また、ネット企業戦略やアフィリエイト、情報起業などについても、随時ご紹介していきます。資金繰りに最適なのは、やはり、ネットで事業をはじめることです。資金的なリスクを管理しながら、きっちりお金儲けをつづけましょう。それでは、ごゆっくりお調べくださいませ。

お仕事で!かんたんプチ記憶術

これ、やってる人は、やっている。
やってない人は、やってない。
当たり前ですね(^^;

誰もが知っているはずなのに、けっこうされていない方法です。
これだけで、集中して、落ち着いて、着々と仕事がこなせるのに・・・

やってる人がこれを読んでも時間の無駄になっちゃいますので、先にばらしちゃいますね。

その方法とは、「メモを取る」です。

「なぁ〜んだ!」って思われるかもしれませんが、意外とメモを使ってる場面って、少なくないですか?

電話の応答のときとか、上司の指示とか、会議の内容とか、
そんなときにメモを取るのは、当たり前の話ですね。

「えっ!?」って思ったあなた!
常識なんですよ。ちゃんと癖づけましょうね。

ここでいうのは、そういうことじゃないんです。
あなたの普段の仕事も、メモっちゃいましょう♪ってことなんですね。

一連の流れのある仕事でも、ステップがありますよね。
細々した業務や作業が集まって、ひとつの仕事が完成するわけです。

その作業をメモ用紙に書いていくわけです。
作業ごとに、メモ用紙一枚です。

10の作業からなる仕事は、メモ用紙が10枚あるはずですね。
これを作業の順番どおりに並べて、1枚目の作業から片付けていくんです。

終わったものから、チェックしたり、次のための課題を書いておいたり、注意点を書いておいたり、保留中のマークをつけておいたりします。

このメモをまとめれば日誌にもなります。
仕事の進捗度合いが、目で見てわかります。
課題とか注意点も書きますので、仕事の精度がだんだん上がります。
順番を並べ替えれば、もっと効率よく仕事が進むかもしれません。

なにより、書くことで、これらを自然に覚えていきます。

ひとつの仕事だけなら覚えてられるんですが、
同時に2つも3つも仕事をこなすことが多いことと思います。

だんだんわからなくなってくるんですよね。
どの仕事がどこまで進んでるのかが・・・。
人間の頭で一度に覚えておけるのって、せいぜい7つくらいって聞きますし。

「記憶を文字に定着させておく」ってところでしょうか。

メモをなくさない限りは、たしかですね。
なくしちゃ何にもならないですよ。


やることをリストにしておくわけ方法があります。
TO−DOリストとか言われているものです。

凝り性のわたしは、付箋を使ってました。
A4の厚手の用紙を二つ折りにします。A5サイズですね。

これに、やることを書いた付箋を貼っていくわけです。
で、終わったものから捨てていく。

ただ、いまはやってません。
次々と捨ててましたので、
なにをどこまでやったかが、わからなくなってきちゃったからです。

同じミスを続けちゃうこともありましたし(^^
なにより、付箋がドンドンなくなるので、お金が・・・・・・

今の方法は、書き損じたりした裏紙を使ってます。
A6サイズ(A5の半分)に切って、それを持ち歩いてます。

終わったものはチェックしておいて、保管。
保管は、課題とか注意点とかもメモってるからです。
次の同じような仕事のとき、見直せば便利ですからね。

やることを、仕事A−5と仕事C−2とかって感じで、
仕事別にしてあるものから、その日にやることを抜き出す方法です。
やることがはっきりするので、それに集中できますよね。


長くなっちゃうんで、大まかになりましたが、こんな感じです。

いろんな方法があると思いますが、
わたしのご提案は、
へんに頭で覚えておかないで、なんでも紙に書いちゃおう♪ってことです。

ちょっとわかりにくかったですかね?


ところで、記憶術について、こんなサイトを見つけました。
資格試験とか受験とかでは、メモを使えません!(よね?)

そんなときは、やっぱり頭の記憶に頼るしかありませんね。
資格試験の予定がある方、受験の予定がある方は、ちょっと覗いてみてくださいね。

▽受験突破・資格取得もう怖くない!『100戦100勝!潜在能力を引き出す無敵の秘策』


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。