ようこそお越しいただきました♪当サイトは、経理や事務を簡単にする方法をご紹介いたします。また、ネット企業戦略やアフィリエイト、情報起業などについても、随時ご紹介していきます。資金繰りに最適なのは、やはり、ネットで事業をはじめることです。資金的なリスクを管理しながら、きっちりお金儲けをつづけましょう。それでは、ごゆっくりお調べくださいませ。

業務の引継ぎって、大変!で思ったこと

税理士の先生が変わった!
前の先生が、ご病気で、見ていただくのが難しくなったんだって。

そこで、わたしがお付き合いさせていただいている先生をご紹介したんだ。

大変なのが、業務の引継ぎ。
もちろん、間違いじゃないんだけど、やっぱり、人によって癖ってあるんだね♪

いやぁ〜、解明が大変だったよ♪


ちょうど、決算を機に、税理士の先生が変わることになったんだ。

わたしも、記帳代行のお仕事を請けたばっかりで、
とりあえず、日常業務の動きを理解しはじめたところ。
決算処理の細かいところまでは、まだわかってない。


で、新しい先生(といっても、わたしがお付き合いさせていただいている先生)と、送られてきた決算書をチェックしてたんだ。
(間違いがないか、ってことじゃなくて、どんな処理をしてるかってことを、だよ♪)


やっぱり、癖ってあるんだね♪

だいたいはわかるんだけど、
ところどころ、「この数字は、どこからでてきたんだろう?」ってのがある。


「こればっかりは、聞いてみないとわかんないなぁ〜」ってことで、
今度、先生どおしで引継ぎの打ち合わせをするのだった♪


気付いた?

公共に提出する決算書ですよ?
ルールは同じなのに、やる人によって、できあがりが微妙にかわっちゃうんだ!

こういうのを【相対的真実】(だったかな?間違ってたらすいません!)
っていうらしい。

ようするに、
ルールの中に、方法を選択できるものがあって、
その中から選んだ方法で計算した数字は、どれも正しい、ってことらしい。


このブログでも、ホームページでも、レポートでも、
黒字や赤字を無視してみよう♪
っていう理由は、こういうところにもあるんだ。

極端だけど、
ある人が決算書をつくったら、黒字だったものが、
他の人がつくったら、赤字になることだってあるんだ。

正しい、っていわれても、鵜呑みにはできないんだ。


引継ぎの話とは、ちょっとズレた話だけど、ふと思ったので、書いてみちゃった♪


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。